動画投稿サイトにダンス動画を投稿する人間の心理

昨今、動画投稿サイトもずいぶんとたくさん出来ました。有名なところですと、「YouTube」や「ニコニコ動画」などでしょうか。そのカテゴリの中に、ダンスの動画がかなりたくさん投稿されています。その種類はそれこそ、クラシックバレエの発表会であったり、学校での部活動の一種なのか、モダンダンスやジャズダンス、ご年配の方の社交ダンス、フラダンスにフォークダンスのようなものまであります。また、「創作ダンス」と題して、自分たちで音楽から振り付けまで、すべて自作の作品も多くアップされています。

ダンススクール 仙台

さて、こういう動画投稿サイトにダンス動画を投稿する人間の心理ということですが、それぞれに思惑はあることでしょう。中には自分のダンスを披露することで、どこかからのスカウトを受けたい人もいるでしょうし、チームを作って公開している人たちの中にはメンバーを募っているグループもあるのかもしれません。

舞踏家、「山海塾」主宰 天児牛大(あまがつ・うしお)さん あるがままの世界と普遍探る(1/3) - フロントランナーセレクション - ひと - [どらく]

しかし、いずれにせよ、動画投稿サイトに、自らのダンスを公開している人たちに共通しているのは、「ダンスの楽しさ、素晴らしさ」を伝えたいのだと思います。観る人たちに、踊ることが、どれほど気持ちよく楽しいのか知って欲しいと思っているのではないでしょうか。人は自分の思いを、他の人に伝えるときに、通常は言葉を使います。「自分はこう思っている。こう感じる。このように感動している」と相手に伝えるのでしょう。しかし、それを正確に相手に伝達するのは思いの外難しいものです。言葉では伝えきれないもの、また何とか言葉を選び出しても、納得のいかない感情というものが、人間には多すぎるのです。

Salon de AManTo 天人 :: あまんとびと

ダンスは、全身でそれを表現する方法です。言語を使わずに思いを伝える方法だと思うのです。今は、インターネットを介して、どのような情報でも容易に公開できる時代です。

イラストや漫画、小説、歌。ダンスもその中の一つのカテゴリとして、十分成立しているのでしょう。